読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows8

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (2013年1月31日まで:型番情報:3UR-00026)
ずーっとβ版が配布されてきたので「発売日」という印象は薄いのだけど、ついに発売になったWindows8Twitterで「Windows8を入れると普通の液晶もタッチパネルになる」と勘違いするライトユーザーの話が大量にリツイートされているが、結構これって笑えない話なんじゃなかろうか。
実際量販店ではタッチパネルでない機種の画面も指紋だらけになっているそうで、「Windows8を触ってみたけど上手く動かせなかった」という印象を持って立ち去る人も少なからずいたのでは?せめてタッチパネルでない機種には分かりやすく注意書きをするなどの対策は必要かと。
   

ちなみにこれがWindows8を立ち上げると最初に現れる画面。「タイル」と呼ばれる大きなアイコンを選んでネットやニュースを見たりするわけだけど、見ての通りタッチパネル操作に最適化されたスタイルだ。
マイクロソフトが今回インターフェイスを刷新した目的は「Windowsシリーズのインターフェイスの共通化」これに尽きる。モバイル版であるWindowsPhoneは過去「パソコン版Windowsに似た画面」を搭載してきた。ただ、画面の小さいモバイルではWindowsの画面は最適とはいえない。そこでWindowsPhone用に「タイル」というインターフェイスを開発した。そこで今度は逆に「WindowsPhoneのインターフェイスにパソコン版を合わせた」というわけ。アップルやGoogleに大きく引き離されたWindowsPhoneのシェアを上げていく為には、圧倒的シェアを持つパソコン版Windowsとの連携を活かしていくしかないからだ。
   
タブレット端末で操作するなら間違いなく今までより操作しやすくなっているし、大きいアイコンはライトユーザーにも分かりやすい。ただ、既存のユーザーがマウスで操作するうえでのメリットをマイクロソフトやメーカーが提案出来ているか?と言われると疑問符が付く。中身的にはマイクロソフトのオンラインサービスとの連携がより密になり、確実に進化はしているんだけどね、、、。