セガに関するチラシ、パンフレットを考察した同人誌
「セガパンフコレクション」を制作しています。
BOOTHでのダウンロード販売も実施中!



セガ和辞典出版局 -BOOTH- はこちら


セガ和辞典出版局(メインページ)へ戻る

子供向けに買ったデジカメ

 

 クリスマスプレゼントに買ったデジカメ。2,000円台だけど、子供のおもちゃとしてはちょうど良い感じ。一緒に32GBのmicroSDカードを買ったけど、写真が一枚150KB程度なので死ぬほど撮れます。まあ「容量いっぱいになった!」となるよりはいいかなと。

なぜか倉庫番などのゲームも入っています。

動画への切り替えボタンと、画像再生ボタンが一緒なのはちょっとわかりずらい。これだけでも分けてくれたら文句なしだったなあ。

 

 

 一緒に買ったSDカードはこれ。

明日発売!「凍える銀鈴花 秋田・男鹿ミステリー案内」

ついに明日2020年12月24日にニンテンドースイッチで発売される「凍える銀鈴花」

待ちに待っておりました!

ダウンロード価格2,000円ですが、12月30日までは10%オフセールを実施とのこと。

自分は0時ちょうどに購入予定です!

 

bonusstage.net


「秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花」紹介映像(Short Ver.)

 

秋田の地方紙「秋田魁新報」でも紹介されました。

www.sakigake.jp

 

 

SoftBank on LINE発表で感じた、携帯料金低廉化の成果と寡占の懸念

ソフトバンクから、「SoftBank on LINE」が発表されました。

www.softbank.jp

総務省へのアピールなのか、くどいくらいにサブブランドではなくソフトバンクとしてのプランだということを強調していました。

オンライン申し込み限定、パケット20GB、超過後1Mbps、5分のかけ放題で2,980円という完全にahamoの横並びではありますが、LINEで申し込みが出来る、LINEではパケットを消費しない、eSIMも対応というところがahamoとの違いですね。特に、大きなシェアを持つLINEを窓口やサポートに使用してくるというのは強みですね。

楽天が2,980円で無制限、超過後1Mbpsという常識を作り、ドコモとソフトバンクが追随、auも同等プランを出さざるを得ないでしょうし、総務省が主導した携帯電話の低価格化はある程度の成果は出ました。

「安いプランは店頭でサポートが受けられない、、」という声もあるかもしれないですが、これは当然な話です。自分で調べられたり詳しい友人がいる人は安いプランが使える。窓口がないと携帯が使えない人は高いプラン。サービスは無料ではないのです。ちなみに自分は、妻を含め複数名のサポートを賄っております(笑)好きなことなので全然OKなのですが。

さて、携帯料金は総務省の思惑通り安くはなりました。ただこのままだと楽天モバイル格安SIM(MVNO)が淘汰されてしまいます。大手3社寡占の状態に戻るのは、今後のことを考えると決して良くはないでしょう。その点について書いていきます。

 

まずは楽天モバイル総務省は急ぎプラチナバンドを楽天モバイルに与えてください。現状の1.7GHz帯だけでは建物内での使用に不向きですし、公正な競争になりません。第4のキャリアとして持ち上げたからには、梯子を外すようなことはしないで欲しいです。

ただ、潤沢なキャッシュを持ち、高利益体質の大手キャリアが価格勝負をしてくる可能性は想定できたことでしょうし、これでギブアップしてしまうなら楽天モバイルも見通しが甘かったということでしょう。人工カバー率が改善するまで無料期間の延長、auとのローミング契約の見直し、低容量または低速でもっと安いプランの提供などの対抗策が必要でしょう。いまだ進まないMVNO楽天モバイルからの乗り換えの促進も課題と言えます。私もそうですが、1年間無料に釣られて契約した加入者は来年4月で大量に無料期間が終わります。このまま何もしないと、一斉にahamoに乗り換えられる可能性は多大にあります。

あと格安SIM業者。こちらも政府が携帯料金低廉化のために推し進めたからには、大手キャリアからの通話、データ両方の卸値値下げを早急にサポートしてください。低容量プランはともかく、大容量プランでは各社の2,980円プランより高額になってしまうという逆転現象が起きてしまっています。ただ、いくら卸値を下げてもサポートやシステムにかかる費用は下げにくいわけで、mineo、OCNモバイルONE、IIJmioなどの大手MVNOでも厳しい立場に置かれることになるでしょう、、、。MVNO同士での合併が今後あるかもしれませんね。

出来れば楽天モバイルMVNOも生き残り、大手3キャリアの寡占化が解消され、健全な競争が継続されることが望ましいですが、、、、情勢を見守りましょう。

アストロシティ届きました

子供に見つかったらえらいことなので自室でひっそりと遊んでおります。

とりあえずボナンザブラザーズメガドラ版はかなりやり込みましたが、アーケード版は1、2回しか遊んだことがないので、ボーナスステージなどの削られたステージが新鮮。

バーチャファイターは、、初代ってこんなにタイミングシビアだったっけ、、、なかなか先に進めません、、、。

コントローラーも買いましたが、どうやらメガドラミニのファイティングパッド6Bも使えるようですね。そっちの方が遊びやすいかもしれません。 

アストロシティミニ

アストロシティミニ

  • 発売日: 2020/12/17
  • メディア: Video Game
 

 

アストロシティミニ コントロールパッド

アストロシティミニ コントロールパッド

  • 発売日: 2020/12/17
  • メディア: Video Game
 

 

ロケットモバイルでAmazon echoを繋げる(実家用)

前々から実家の母に孫の写真のデジタルフォトフレームを贈ろうと思っていました。

余っていたAmazon echo spot(丸い画面のやつ)をどうにかして使えないかな、、、と。

ただ、実家にはネット環境がないので、写真の更新をするために何か通信手段が必要です(それ以外には使わないので出来る限り安価に)

 

いろいろと検討した結果、安さで有名なロケットモバイルを使用。ドコモ回線で速度上限200kbpsを月298円で使い放題の「神プラン」を契約。

端末は中古でWi-FiルーターGL06Pをメルカリで1000円以下で購入。これ、もともとはイーモバイル用です。これドコモの3Gでしか繋がらないみたいなんですね、、、、メニューにはドコモ(4G)があるので、もしかしたら繋げ方があるのかもしれませんが、、、。これが今回の設定を難航させることになるわけで、、、。

(追記)4Gでも繋がりました。ただ、エリアによっては周波数帯域的に3Gでしか繋がらない場合もあるとの情報もあります。

※ロケットモバイルはこの端末を動作保証していませんので、自己責任でお願いします。

 

パソコンでも設定できますが自分はスマホで設定。Wi-Fiルーターの無線LANスマホを繋げて「http://pocketwifi.home」のアドレスで繋げます。設定画面に入る時のIDとパスワードはどちらもadminです(初期状態の場合)

スマホ用の設定画面が出てきますが、ここで「PC用」の設定画面を選択しないと全ての設定が出来ません。

設定→WAN設定で「プロファイル設定」を選択。ここで新規に接続設定を作ります。

 

プロファイル名 適当な名前(rocketとか)

ユーザー名 roke@moba

パスワード rokemoba

認証方式 CHAP

APN スタティック 4gn.jp

IPアドレス ダイナミック

 

あとは、同じく設定→WAN設定で「ネットワーク検索設定」で「手動」を選び、ネットワークを「DOCOMO(4G)」にします。

※ここで4Gが出てこない場合は、上記の通りエリアの問題になりますので、3Gを選択してください。

 

これで完了。繋がらない時はメニューの「接続」で作ったプロファイルを選んで接続しましょう。

f:id:WAT:20201214203649j:plain

この画面。DOCOMOの下に「4gn.jp」と出ていれば繋がっています。夜に試しましたが、200kbps以上出ることもありました。

 

「アレクサ!」と呼びかけた時の反応は悪いですが、親はその機能使わないので問題なし。定期的に写真が切り替わる時計として動いてくれればいいのです。

とりあえず100枚くらい入ったAmazon Photosのアルバムを指定しましたが、ちゃんとスライドショーになりました。

お正月に持っていこうと思います。

 

ロケットモバイルの紹介コード、一応書いておきます。

ZBLHAIDYWT

です。

電車でGO!

PS4の電車でGO買いました。アーケード版はプレイ料金が高いので、移植を心待ちにしていました!

電車でGO! ! はしろう山手線 - PS4

電車でGO! ! はしろう山手線 - PS4

  • 発売日: 2020/12/03
  • メディア: Video Game
 

基本的に内容はアーケード版準拠。タッチパネルでの指差し確認はボタンで代用されています。対向車が来たときにライトを減光したりと、過去の電車でGOシリーズより慌ただしい感じです。ただ、駅で過走したりしたときに過去作では一発ゲームオーバーになったりしていましたが、そこら辺は甘くなっています(まだ序盤だからかもしれませんが)

 

アーケード版に無い要素としては、並走する京浜東北線湘南新宿ラインなどでも遊べるということ。ただ、全区間が遊べるわけではなく「山手線と並走している区間のみ」ですので注意。

あと、山手線自体もアーケードと同様「内回りのみ」というところ。これは有料でもいいので外回りも追加して欲しいなあ、、。

あと操作について。アナログスティックだけでなく、デジタルの方向キーも使わせて欲しいのと、ゲーム開始時は非常ブレーキを自動的に入れておいて欲しい。細かいところですが、アップデートお願いします、、、。

とにかく、アーケードで200円とか300円で数区間という料金だったので、好きな人にはあっという間に元が取れると思います。

最後にもう一回。有料コンテンツでいいから外回りも!

ドコモが格安プラン発表!

ドコモが「ahamo」という格安プランを発表しました。

www.itmedia.co.jp

 

概要を書くと

・オンライン申し込み限定(店舗では受付もサポートもなし)

・月2,980円

・パケット20GB、使い切った後も1Mbpsで使用可能。1GB500円でチャージも可能。

・1回5分以内の通話は無料。+1,000円でかけ放題オプションも用意。

・海外でも使用可能

・5Gも使用可能

・2021年3月から提供

・小容量のプランも、MVNOとの提携という形で検討中(OCNモバイル?)

 

政府からの圧力に応じた形ですが、他社がサブブランドの値下げでお茶を濁した中、サブブランドを持たないドコモは本体で格安プランを用意してきました。ただ「システム対応の関係で、来年5月まではMNPと同様の手続きを行う必要がある」とのことなので、元々はahamoというサブブランドを作ろうとしていたが政府からの圧力でそうはいかなくなり、ドコモ本体のプランに急遽変更したというところでしょう(質疑応答では否定していましたが、普段の料金体系変更の際にMNPと同じ移行処理をすることは無いわけで、いっそ認めてしまえばいいのに、、と思います)

さて、私が気になるのはKDDIソフトバンクの動向、、、ではなく、楽天モバイルMVNO格安SIM)はどうなるのか。というところ。

楽天モバイルはエリア内では無制限なので、横並びに比較するのは若干酷ではあるものの、人工カバー率は雲泥の差がある中で価格が同じなのは、争うには厳しすぎます。政府が価格競争を促すために第4のキャリアを求めたのに、梯子を外された感があります。

あとはMVNO各社です。裏でどう動いているかわかりませんが、大手キャリアからMVNOへの卸値(データだけでなく音声通話も)を大幅に下げさせないと、大半のMVNO業者は淘汰されてしまいます。

もともと両者とも携帯に詳しい人が使っているだけに、月数ギガを1,000円程度で使っている人を除いて、大量にドコモに流出する可能性があります。特に楽天モバイルに関しては、多くの契約者の無料期間が終わる来春に、ahamoは最適な乗り換え先と言えるでしょう。

携帯料金が安くなるのは大変ありがたいですし、サポートが必要な人は高くサポートが不要な人は安いというのは大歓迎です。ただ、大手キャリアの寡占状態が残ったままで料金が一時的に下がっただけで、後々消費者が不利益を被らないか。それだけが心配です。やはり寡占にならない市場は必要です。

政府がどのように主導していくのか、成り行きを見守っていきたいと思います。