WATの日記

マイクロソフトと任天堂が新ハードの詳細を発表。

まずは北米Xbox360の価格と発売時期の発表。「Xbox360」と「Xbox360 CoreSystem」の2種類が発売され、今年のクリスマスシーズンに発売予定。
   
Xbox 360
価格 399.99USドル(399.99ユーロ、279.99ポンド)
<同梱物>
Xbox 360本体
Xbox 360ハードディスク(20GB)
Xbox 360 ワイヤレスコントローラー
Xbox 360 フェイスプレート
Xbox 360 ヘッドセット
Xbox 360 コンポーネントHD AVケーブル
Xbox Live シルバーメンバーシップ
Xbox メディア リモコン
   
Xbox 360 Core System
価格 299.99ドル(299.99ユーロ、209.99ポンド)
<同梱物>
Xbox 360本体
Xbox 360コントローラー(ケーブルタイプ)
Xbox 360 フェイスプレート
Xbox 360 SビデオAVケーブル
   
太字が異なる点。日本でも同価格帯、同構成で発表するかは未定だけど、単純計算するとそれぞれ約4万円と約3万円。もっと劇的な価格設定をしてくるかと思ったけど普通に高いですな・・・。性能や付属品考えたらこれでも安いと思う、ホント。でもそれは現行Xboxを持っているような自分含めたごく一部のコアユーザーの意見でしかない。現行機が一定のシェアを得ている北米、欧州ならともかく日本でこの価格ではスタートダッシュをかけるのは至難の技ではないか? あと気になるのがハードディスク無しモデル(CoreSystem)が存在すること。私見ではあるが現行XboxのアドバンテージはLiveだけなく「ハードディスク標準装備」、ハードディスクの高速アクセスを活かしたソフトが出せる環境だ。標準でなくなってしまうとハードディスクを付けていないユーザーを考慮したソフト開発をしなくてはならず、ハードディスクを活用したソフトが少なくなってしまう=ただの大容量記憶メディアになってしまう可能性がある・・。ワイヤレスコントローラーとかリモコンは別売にしてでもハードディスク付きで3万円に近づけてくるのではないかと予想していたのだが・・・どうも雲行きが怪しい・・・Xbox事業本部長の丸山嘉浩さん、これで日本でシェア取れるのか?信じて買っていいのか?頼むよ、ホント。切り札があるのなら早く安心させておくれ。
   
Xbox 360」の価格発表、北米・欧州では299.99ドルから。(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0508/17/news068.html
   
Microsoft、「Xbox 360 Core System」北米では299.99ドル
HDDなど周辺機器の価格も一部発表(GAMEwatch)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050817/x360.htm
   
   
   
あと1つの発表は任天堂から。ゲームボーイアドバンスの小型版「ゲームボーイミクロ」が9月13日発売、価格は12,000円になるとのこと。DSが15,000円ということを考えると微妙な価格・・・。まあDSへの乗り換えを推進している任天堂としてはこのハードを採算ギリギリで無理して売る必要はないわけで。本体カラーは5種類で何気にファミコンカラーとか入ってるのがちょっと気になるが・・・いや、踊らされるな俺。踊らされるな!!と自分に言い聞かせる。
   
ゲームボーイミクロ、日本では9月13日発売――本体カラーが5種類、
3つのマリオと同時リリース(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0508/18/news038.html