WATの日記

wiiの発売日と価格が決まったぞ♪

    
発売日 2006年12月2日
価格  25,000円(税込)

     
25,000円よりもうちょい下げてくるかと思ったけど、まあピーエスなんとかの半額以下だ。
    
<今日の発表のまとめ〜>
・本体同梱物は
■Wii リモコン(ストラップ付き) × 1
■ヌンチャク(拡張コントローラ) × 1
■Wii 専用ACアダプタ × 1
■Wii 専用AVケーブル × 1
■Wii 本体専用スタンド × 1
■Wii 本体専用補助プレート × 1
■センサーバー × 1
■センサーバースタンド × 1
■単三乾電池 × 2
センサーバーはテレビに付けます。だれですか?パックスパワーグローブみたいだ、なんて不吉な想像をする人は!!
    
バーチャルコンソール
ゲームのダウンロードサービスである本機能ですが、ダウンロード価格が
ファミコン 500円程度
スーファミ 800円程度
Nintendo64 1,000円程度
とのこと。既報のメガドラPCエンジンだけでなく、MSXのソフトもダウンロード可能に。発売当初は30タイトル、年内で60タイトルを用意。昔のゲームだけでなく、中小ゲーム会社が独自タイトルをリリースできる土壌としても期待だ。
    
wiiチャンネル
本体内蔵の各機能を○○チャンネルと呼称。バーチャルコンソールソフトを購入するショッピングチャンネル、SDカードの写真を閲覧する写真チャンネル、他にもニュースチャンネルお天気チャンネルなど。最後の2つなんかは、出かける前や帰ってきたときにwiiを起動という習慣をつけさせるため、という狙いが見える。
    
インターネットチャンネル
バーチャルコンソールでインターネット閲覧ソフト、オペラが有償ダウンロード可能(価格、リリース日は後日発表)利用促進の為2007年6月までは無償利用が可能。
    
似顔絵チャンネルMii
パーツの組み合わせで似顔絵が作成可能。作った似顔絵は各種対応ソフトで利用される。
    
・本体同時発売タイトル
ロンチタイトルは「ゼルダ」「おどるメイドインワリオ」などの定番シリーズを中心に16タイトル。
興味深いのが単品販売3,800円のリモコンがついて4,800円の「はじめてのwiiwiiのリモコン操作に慣れるためのソフト、という位置づけだが、これでリモコンをもう1つ売って、「家族でわいわいゲームを楽しんでもらう」という意図があるのではないかと。DSでも推し進めてきた「1世帯あたりのゲーム人口を増やす」という戦略に合致した良い戦略だと思う。
     
・まとめ〜
一言で言うと「スキが見当たらないwii」という印象。ゲームファンに向けた戦略を立てるPS3Xbox360とは完全に違う方向性。おとなもこどももおねーさんも。そしておじーさん、おばーさんも。という戦略でDSと同様に成功を収めることは出来るのか?
とりあえず私は買います。
     
wii公式ホームページ
http://www.nintendo.co.jp/wii/
会場の動画や、岩田社長のプレゼンテーション全文は見ごたえあります。