セガに関するチラシ、パンフレットを考察した同人誌
「セガパンフコレクション」を制作しています。
BOOTHでのダウンロード販売も実施中!



セガ和辞典出版局 -BOOTH- はこちら


セガ和辞典出版局(メインページ)へ戻る

さらばジョニー、お前がいたから今がある!


ジョニーの引退を見届けるため、オープン戦としては異例の28,926人が駆けつけました。戦力外通告によりマリーンズの支配下選手ではないため、試合に出ることは不可能。そのため、バッター3人を指名して勝負、というエキシビジョンマッチとなりました。
ジョニーが指名した選手は、サブロー、礒部公一、そして福浦和也
    



我らがエース、黒木知宏の最後のマウンド。見事3人を抑えた。
    


兄貴分小宮山悟から花束贈呈。マウンドで待つジョニーに「お前が取りに来い」と手招き、思わず場内から笑いが起きる。今日の登板でも盛り上がりに欠ける展開の中、シェイクで沸かせてみたりとさすが小宮山さん空気が読めてます。
    

2人のお子さんからも花束。思わずグッとくる・・・。
    

ジョニーの挨拶。球団、選手、スタッフ、ファン、家族に対して何度も「ありがとう」を繰り返した。
     



球場を一周するジョニーに駆け寄るナイン、そして胴上げ。ファンに愛されたジョニーの胴上げは、マウンドではなくライトスタンドこそふさわしい。
    

楽天ファンの皆様、最後まで残ってくれてありがとう!
    
ライトスタンドにこんな横断幕が。
「お前がいたから今がある」
マリーンズ低迷期の中、大黒柱として活躍したジョニー。チームに迷惑をかけられないと、肩の痛みを押して投げ続けたジョニー。ジョニーを始め、幾多の選手、スタッフの力で今のマリーンズがある、それは決して忘れてはならない。
ありがとう。我らのジョニー、黒木知宏!!いつの日か、絶対マリーンズに帰ってこい!!!