WATの日記

サブロー!


ローズ、カブレララロッカ、濱中、北川、古木、そして清原と
「野球ゲームの感覚で組んだ打線」
「ファーストを何人で守るつもりだ」
伊集院光談)という今年のオリックス打線。こんな挑発Tシャツも作られていました。
    
    
    


リボンビジョンも稼働中。とても綺麗です。でも選手紹介の目線はちょっと違和感が・・。
    

先発は成瀬善久。7回投げて1失点。4安打9奪三振に抑えたのは流石というかオリックスがだらしないのか・・・。
    
試合は両チームとも決め手を欠き、オリックス塩崎真ソロホームランでの1点ビハインドで8回裏まで進む。動きがない上に、曇ってきて寒い・・・・。
しかし8回裏、マリーンズ打線を完全に手玉に取っていた近藤一樹から菊地原毅に交代!!まだ球数も97球ともう少し投げられそうだったのに・・・大変ありがたい♪さっそく先頭の代打ズレータのヒットから始まり二死満塁の大チャンス!!ピッチャーは菊地原から左の加藤大輔に代わり、こっちも大松尚逸に代打サブロー。左相手の大松も見てみたかったけどね・・・・。
    
そして・・・


サブローの走者一掃二塁打で逆転!!!
さすが満塁男。1打席でおいしいところを全て持っていきました。
   
最後に・・・相手チームの心配をしてもしょうがないですが、ローズ.217 カブレラ.033 ラロッカ.080 で期待のホームランも0本。重量級打線はまったく機能していません。こんなヘンテコ補強をされたオリックスファンが気の毒です・・・。