WATの日記

さあRAID生活へ

BUFFALO TeraStation LAN接続HDD TS-H2.0TGL/R5

BUFFALO TeraStation LAN接続HDD TS-H2.0TGL/R5

こないだFireWireのハードディスクを買いましたが、そっちはアクセスの早さを求めるデータを。転送遅くてもいいので「大容量」「ハードディスククラッシュで失いたくないデータ用」で、バッファローのテラステーションを買いました。メーカーバルク品で40,000円。評価の分かれる製品ですが、通常この手の製品は安くても6〜7万するので、この価格ならまあよし。
500ギガ×4台なのでRAID5で組むと1.5テラとして使えます。

この手の製品は「本体動作音がうるさい」と聞いていたが、そうでも無い印象。一応普段使ってない部屋に配置したけどね。
現在のLAN環境は10/100なので大量のデータを移動するとやっぱり時間がかかる。速度向上にはギガイーサ対応のHUBを買って、テラステーションーMac間をギガイーサ環境にすることだが・・対応HUBも3,000円台だしそれほどコストはかからないし。ただ、せっかくテラステーションとHUBがJumboFrame*1対応なのに、iMacは非対応なこと。JumboFrameなしでギガイーサにしても大して効果ないのかな?
    

*1:LANではデータをフレームと呼ばれる小さなサイズに分割して送受信しているが、そのフレームサイズはLANの速度が遅かった時代から変わっておらず、せっかくの高速回線が活かしきれない。そこでフレームサイズを大きくして効率的に送受信する規格がジャンボフレームなわけ。