セガに関するチラシ、パンフレットを考察した同人誌
「セガパンフコレクション」を制作しています。
BOOTHでのダウンロード販売も実施中!



セガ和辞典出版局 -BOOTH- はこちら


セガ和辞典出版局(メインページ)へ戻る

オトメディウスゴージャス!

オトメディウス ゴージャス!

オトメディウス ゴージャス!

グラディウスシリーズでありながら「ライフ制導入」「バースト搭載」「吉崎観音がキャラクターデザインした女の子が多数登場」という異色な存在ではあるが、シューティング下手な自分にとっては丁度良い難易度だったのでアーケードから遊んでいた「オトメディウス
(個人的に)待望の今回の移植の目玉は「ワイドビジョンへの対応」ということで喜び勇んで購入したわけだが・・・・
   
ワイドビジョン対応の「ゴージャスモード」はゲームシステムがグラディウスベースに。ライフ制、バーストは廃止 という仕様に愕然・・・。

オトメディウスゴージャス!には「オリジナルモード」「ゴージャスモード」の2モードが収録されている。
   
「オリジナルモード」アーケードとほぼ同一。画面比率は4:3
「ゴージャスモード」グラディウスベースにシステム変更。画面比率は16:9
    
ということで、ワイド画面にするとゲームセンターとシステムが変わってしまいます・・・。グラディウスシリーズのファンにとっては吉報かもしれないが、せめてワイド画面でもオリジナルモードが遊べるようにして欲しかった・・・。ゲームセンターで面白かったからこのゴージャスを買った、という人ほとんどが感じる不満点ではないだろうか・・。
また、ゴージャスモードは360用にアレンジされているのでいいのだが、オリジナルモードは文字の大きさやらすべてを完全移植したことで、アイテムカードの説明文などで「文字が小さすぎて読めねえ!!」という箇所が多々。ちなみにウチのテレビは32インチ液晶、決して小さいわけではないと思うのだが、一体何インチディスプレイでのプレイを想定しているの?
    
アーケード版のオトメディウスWindowsXPで動いており、「低コストで移植できるから」ということでリリースが決まった(と思われる)本作。そこをベタ移植でなくきちんとコンシューマオリジナルモードも用意したのは評価するのですが、システムをがらりと変えてしまって「アーケード版はベタ移植で収録しておきました」というのはあまりに乱暴ではないかと。このソフトを買う人の大多数はアーケードで遊んでから買っているんでしょうから・・。
「ゴージャスモード」は自分の好みに会わなかったので、自分はアーケードモードを中心に楽しもうと思います・・・。この問題は技術的な問題ではなく、あくまで「開発上の仕様設定」の問題。もうすこしコナミが考えてくれればアーケードのシステムで16:9のオトメディウスが遊べたのに・・・・アップデート・・・はないだろうなあ・・・・。