WATの日記

この世界の真ん中の道を 胸を張って一緒に歩いていこう

Personal Soundtracks

Personal Soundtracks

先月出ていたのに気がついて慌てて購入。
最近のマッキーの曲は、自分的にはいまいちなものが多かったのですが、今回のアルバムは1曲目の「Taking The Central Course」から一気に惹き込まれた♪
     
 悪く言われれば平気じゃない
 でもだからこそ その痛みを胸に僕らは
 悪く言わないという生き方を選んでいこう
 
 祝福されないのは残念だけど
 だからこそ祝福すべきものを
 祝福しながら 生きて行こう
    
 そのために僕らは出会ったんだ
    
 「Taking The Central Course」より
    
マッキーは数年前、薬物という犯罪を犯した。それはもちろん糾弾されるべきことなのだが、合わせて彼の嗜好についても面白おかしくマスコミは取り上げた。この詞はその経験が生んだものなのではないだろうか?
今回のアルバムは全体的に"良い意味で"原点回帰したような感じ。朝会社に行くとき、景気付けでアップテンポの曲を聴いていくことが多いけど、明日は「The Avarage Man Keeps Walking」を聞きながら優しい気持ちで会社に行こう!