WATの日記

新端末と新価格

が発表になりましたね。新端末は京ポン新型とHONEYBEE後継という感じで、両方とも初のおサイフケータイ(c)ドコモ 対応機種。
    

新料金体系「新ウィルコム定額プラン」は、ウィルコム定額プランのパケットオプションを簡素化。特にコースに入らなくても2,800円以上はパケット料金がかからなくなる。要は基本料金2,900円+パケット2,800円=5,700円で収まるということね。パケットをまったく使わない月があったら定額の2,900円だけ。オプション料金が無駄になることもないし良心的。ただしこのコース、旧定額プランのパケット料金の4倍になっている。パケット上限が大幅に下がったのでまあいいのだが、携帯より圧倒的にパケットが安いのがウィルコムのウリなのに下手にこういうプランを作っちゃうと「ウィルコムもケータイもパケット料金は変わらない」みたいなイメージを持たれるんじゃないかなあ、、。パケット上限2,800円で安心してどんどん使ってもらえればパケット単価据え置きでもそれほど影響はないと思うんだけど。せっかくの分かりやすいプランがこの1点だけでちょっと見栄えが悪くなってしまうよ、、。ちなみに自分は「他社ケータイだったらパケット破産するくらい」のパケットを毎月使っているので、コース変更してもあんまり変わらない。
今回の料金改訂、簡単に言うと
    
コアユーザーには大して影響無し。ライトユーザーはより安心してパケットが使えるように。
   
という感じかな。あとはどうやってウィルコムが宣伝するか。シンプルな料金体系を”シンプルに”アピールしないとね、、。

あと細かいところだが、2点の改訂。
1)いままでの定額プラン+データ定額は「携帯端末をパソコンにつなげてインターネット」すると定額の上限が上がってしまったが、今回の改訂でそれも撤廃。携帯端末で使おうがパソコンで使おうが、パケットの上限は2,800円也。ノートパソコンもってて、たまーに外でネットしたいな、というときに気兼ねなく出来るかなと。
2)オプションの「通話パック」は月額1,050円で1,260円分の無料通話が付くというちょい得だったが、それの無料通話が2,100円に増量。なんだかんだでウィルコム以外にかける方が多い訳で、これはうれしい。
    
ウィルコム公式サイト
http://www.willcom-inc.com/ja/index.html