WATの日記

『龍が如く』名越さんのゲームについての考え方が1998年から全然ブレていない件(はちま起稿)

http://blog.esuteru.com/archives/4134648.html
当時トッププロデューサーだった鈴木裕と自分がどう違うかについて書いています。この後どういうゲームが求められていくかしっかり読めてるし、いまでもヒット作を作り出せているのも納得な感じ。

龍が如く OF THE END (がんばろう、日本!パッケージ)

龍が如く OF THE END (がんばろう、日本!パッケージ)