WATの日記

セガvs.任天堂 マルチメディアウォーズの行方

先日すずめ出版古書部さんで買ってきた本を、少しづつ読んでます。

読み終わった本の感想を少々。

 

セガvs.任天堂 マルチメディアウォーズの行方

赤木哲平著 1992年12月25日発行

(カバー無しの状態なので写真は無し)

 

セガ任天堂の当時の状況

・中山、山内両社長の生い立ち

・ハドソンやナムコなど、当時のソフト業界について

セガ中山社長、任天堂山内社長へのインタビュー

 

大きく分けるとこのような内容で、特に両社長へのインタビューが印象的でした。

中山社長は「今後はCD-ROM」「アーケードのCG技術がコンシューマへ応用されていく」とコメントしている。前者はセガサターンであり、後者はアーケードのMODEL1基板(バーチャレーシングバーチャファイターなどで使用)のことを指していると思われます。

一方山内社長は「CD-ROMはユーザーに求められたら出す」「カートリッジにコプロセッサを搭載して性能を上げる」とコメント。任天堂は結局ゲームキューブまで光ディスクには手を出さなかったし、後者のコプロセッサは翌年発売されたスターフォックスなどで使われたスーパーFXチップのことと思われます。

さて、次は何を読もうか、、、。

f:id:WAT:20200224220936j:plain