WATの日記

国境超えた小さな支援 比の小学校から東北義援金(神戸新聞)

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004381985.shtml
神戸市兵庫区新開地6、中島昭光さん(71)がフィリピン・マニラで運営する私立小学校で、東日本大震災の惨状に心を痛めた子どもたちが募金運動に取り組んだ。貧しい家庭の子らが、手作りの募金箱に投じた硬貨は158枚。日本円にして250円ほどだが、中島さんは「金額ではなく、国境を超えた応援の気持ちがうれしい」と話す。
今日の心温まるニュース。ありがとう、フィリピンの子供達。そして、定年後もフィリピンの子供達の為に働いている中島昭光さん、この人にも敬意を表したい。