セガに関するチラシ、パンフレットを考察した同人誌
「セガパンフコレクション」を制作しています。
BOOTHでのダウンロード販売も実施中!



セガ和辞典出版局 -BOOTH- はこちら


セガ和辞典出版局(メインページ)へ戻る

実家に孫の写真を送るサービス「まごチャンネル」

 


【まごチャンネル】紹介ムービー

本体価格9,800円(期間限定) 月額1,250円(年払いの場合)

 

高齢者だと家にネット環境がないことも多いし、

スマホタブレットを使えない親に孫の写真を送る

②写真を開いたことが通知されるので、安否確認になる

というのは、結構需要ありそう。

期間限定とはいえ初期投資、月額もそこそこだし。

うちの実家は親戚が隣に住んでるので ②は安心しているのだが、将来的にはこういうのも考えないといけないかもなあ。

懸賞が当たった!

f:id:WAT:20200919105013j:image

子供向けゲーム雑誌の「てれびげーむマガジン」の懸賞で、Switchのミスタードリラーアンコールが当たりました♪

子供の頃は何回かファミ通の懸賞が当たったことがありますね。メガドラのソフトは競争率が低かったからでしょうが、、、。 

 

中身はゲームキューブの「ミスタードリラードリルランド」のリメイクですね。


「ミスタードリラーアンコール」プロモーション映像

ミスタードリラーアンコール -Switch

ミスタードリラーアンコール -Switch

  • 発売日: 2020/06/25
  • メディア: Video Game
 

 

PS5に決めました!!

、、、といっても、Amazon楽天の争奪戦は惨敗。ビックカメラなどの抽選予約に応募することにしました。

家庭持ちとしては、両方買うという暴挙?には出れないので、国内ではまず間違いがない方と言えばPS5であろうと。Xbox series Xの下位互換性の高さと、Xboxゲームパスは非常に惹かれるんですけどね、、、。

個人的には今プレイしている【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)の存在も大きかったですね。Xboxを選んで、PS5でこういう傑作が出たときに、指をくわえて見ることになるのではないか、、、という気持ちもありました。

それにしてもXboxは(リーク情報が出て慌ててとはいえ)先に発表したにも関わらず、予約開始はPS5に先を越されて一気に話題をさらわれてしまいましたね、、、、。良いハードだと思うので、日本ではXbox Oneのようなことにはなって欲しくないんですけど、、。

 

※リンクは、PS5に似ていると評判のアイリスオーヤマのシュレッダーです。しかも型式にPS5が偶然入っているという、、、。

Xbox series XにするかPlayStation5にするか、、、

さてさて、どちらにしましょうか、、、、。

Xbox series Xは、初代から始まるXboxシリーズタイトルへの後方互換性の高さが魅力。あとはサブスクリプションサービスである「Xboxゲームパス」がとにかく魅力的。マイクロソフトタイトルは購入しなくても発売日からゲームパスで遊べることがアナウンスされています。

逆に、Xbox Oneのようになってしまい、日本タイトル(日本ローカライズタイトル)があまり出ない状態になってしまうというリスクは多分にあります、、、、。

まあこれについては、PS5版とSwitch版が国内で出れば、Switchで遊べばいいという考え方もあるけど、、、、。


Xbox Series X - World Premiere - 4K Trailer

 

PlayStation5はやはり独占タイトルの多さが魅力だし、まあ買っても間違いはないだろうな、と。PS4との下位互換があるとのことだが、PS4→PS5のデータ移行とかはどうなるのかな?両方置く場所はないので、WiiWii Uみたいにセーブデータやダウンロードソフトを全て移行できるようになっていると嬉しい。


PS5 Hardware Reveal Trailer

 

どちらにしても、買うのはドライブが付いているモデルですね。

ゲームパスだけ遊びたいなら、PS5+値崩れしたXbox Oneを買うというのもありかな。

 

発売までもう少し悩んでみますが、PS5の予約は明日開始なんだよなあ、、、。

サンプルダウンロード出来るようにしました

今までもBOOTHでサンプルダウンロードが出来たのですが、BOOTHへの会員登録が必要でした。今回、ホームページから直接サンプルPDFがダウンロード出来るようにしましたので、よろしければお試しください。

 

セガ和辞典出版局 

https://www.lovesega.com

 

 

現状のホームページ作成過程

元々の「セガ和辞典出版局」は、ぷららのホームページサービスで作成。お名前ドットコムで

http://www.lovesega.com

というドメインを取得して、転送させていました。

作成もホームページビルダーとかではなく、Windowsのメモ帳でHTMLを地道に書いてました。当時は大学生で時間は腐るほどありましたしね。

 

今回はレンタルサーバーを借りて、ワードプレスというフリーのホームページ作成ソフトを使って、一から作り直しています(旧ホームページはそのまま残しているので、コンテンツは移動しません)

しばらくホームページを放置していたので知らなかったのですが、今はこのワードプレスが現在の業界標準らしいですね。ソフトもパソコンにインストールするのではなく、借りたサーバーにインストールして、ブラウザで編集します。時代は変わりましたね、、、。

まずサーバーをどこで借りるか。有名どころではロリポップさくらインターネットがありますが、今回選んだのは「お名前ドットコムサーバー」

www.onamae.com

元々お名前ドットコムに独自ドメインを預けているのと、レンタルサーバーを借りるとそのドメイン維持費が無料になるというのが決め手でした。

テキストを買って作る人は、その本で使っているサーバーを使うと分かりやすいと思います。ちなみに分かりやすいと評判だった

 この本ではさくらインターネットでの運用を想定して書かれていました(自分もこのテキストを買いました)

あとはテキストを見ながら進めていきます。

ワードプレスは数多くのテーマがありますが、無料かつテキストでも使われていた「lightning」というテーマを選択。慣れてきたら他のテーマも試してみたいですが、とりあえず最初はこれをベースに。

 

今回の新ホームページは、セガパンフコレクションの紹介を主な目的としているので、メニューとしては

セガパンフコレクション

・ブログ(このブログへ転送)

・プロフィール

・旧セガ和辞典出版局(旧ページへ転送)

を用意しました。

本当であれば、このはてなブログのデータをワードプレスに移行して、今後はそちらでブログ更新した方がホームページとしては統一感は出るのですが、自分は当初「はてなダイヤリー」を使っていて、今の「はてなブログ」に移行した経緯から古い記事と新しい記事でフォーマットが異なり、単純にはてなからエクスポート→ワードプレスにインポートすると色々不具合が起きそうな気がしたので、今回はそのままはてなブログを使い続けることにしました。

そのかわり、ホームページに本ブログのRSS情報を載せて、ブログの更新状況は自動で反映させることにしています。

とりあえずセガパンフコレクションの紹介ページは最低限の内容を掲載、BOOTHの販売ページへのリンクを貼りました。

サンプルのPDFもダウンロード出来るようにしましたが、出来れば何ページかはダウンロードしなくても拡大して表示されるようにすれば、もっと内容を理解してもらえるかな、と。

また少し慣れてきたら、進捗を報告します。

 

www.lovesega.com

新生「セガ和辞典出版局」スタート

長年放置していたホームページ「セガ和辞典出版局」ですが、新しく作り直しました。

(まだ殺風景な内容なので、今後デザインは変えていく予定です)

ということで、しばらくメインとしていたこの「WATの日記」は、ホームページの子コンテンツに戻ります(と言っても、更新はまだここが中心になりますが)

何卒、セガ和辞典出版局のホームページの方もよろしくお願いします。

 

セガ和辞典出版局

https://www.lovesega.com

 

 

 やっとWordPressの使い方がわかってきた、、、、。