ゲームレジェンド31ありがとうございました!

f:id:WAT:20190922101933j:plain

今回も無事終了しました。お越しいただいた皆さまありがとうございました。

惜しむらくは、今回から始めたクレジットカード決済が1件も無かったこと、、次回は1件くらいあるといいな、、、。

ゲームレジェンド32はおやすみする予定です。

次回は(当選していたら)冬コミ、そして年明け1月のセゲいち16の1日目です。

※セゲいちは16回を記念して、2日開催に変更になっています。詳細は公式サイトをご覧ください。

http://home01.isao.net/segamega/

ゲームレジェンド31直前生放送で紹介いただきました!

MickyAlbertさんの「ゲームレジェンド#31直前生放送!」で、紹介していただけました。こちらも見ていただけると嬉しいです。


ゲームレジェンド#31超直前放送!

※1時間9分くらいから紹介いただいています。

ゲームレジェンド31参加します

f:id:WAT:20190920234752p:plain

2019年9月22日のゲームレジェンド31に参加します。コマ番号は「20b」になりました。

今回は会場が東京都大田区東京流通センターなのでご注意ください。

東京モノレールが一般的な行き方ですが、JR大森駅からバスで行く方法もありますので、気になる方は過去記事をチェック願います。

wat.hatenablog.jp

 

頒布する「セガパンフコレクション 」はセガハード向けにゲームショップなどで配布されたパンフレットについての考察本で

メガドライブ編1991〜(67ページ) 500円

セガサターン編(291ページ) 1,000円

ドリームキャスト編(338ページ) 1,000円

の3種類となります。いずれもDVD-Rに保存したpdf形式です。

ただ、最近はDVDドライブの無いPCも多くなっていますので、3冊すべて入ったUSBメモリ版も頒布します。価格はDVD-R版3枚の合計と一緒の2,500円です。

f:id:WAT:20190731133107j:plain

 

f:id:WAT:20180212063207j:plain

中身ですが、このような内容になっています。

サターン編のサンプルをダウンロード出来るようにしてありますので、よろしければご覧ください(パスワードはsegaです)

[セガパンフコレクション(セガサターン編)サンプル.pdf]~ギガファイル便~

 

あと、以前からPayPay決済*1に対応していましたが、今回からクレジットカード決済にも対応します。今回1人での参加なので、混んでいるときはお待たせしてしまうかもしれませんが、せっかくなのでぜひ使ってみてください。

f:id:WAT:20190920235224j:plain

 

 

何卒よろしくお願いいたします。

*1:個人送金機能を使用する為、ボーナス残高は使用不可です。銀行からチャージした残高のみ使用できます。

同人誌をUSBメモリで頒布する

セガパンフコレクションという同人誌を即売会で頒布しています。形式はpdfで、メディアはDVD-RとUSBメモリです。

定期的にこのブログを見ていただいている方にとっては、今更なに?という話ですが、同様の頒布方法を考えている方がググって辿りついたらいいな、と思って記事にしてみました。

 

私がpdf形式にした理由としては

①引用写真の細かいところまで拡大して見れるようにしたかった

②資料本なのでページ数が多く(カラーで数百ページ)、印刷代がとんでもないことになる

③初めての同人誌で何部売れるかもわからないのに、、、、

の3点です。

 

f:id:WAT:20190807201022j:plain

こういう同人誌を作っています。

 

メガドライブ編、セガサターン編、ドリームキャスト編と3種類製作し、それぞれDVD-Rで頒布していましたが、それら3冊をまとめて1つにしたやつを出そうとした時に遂にDVD-Rの容量を超えてしまいました。

じゃあDVD-R(DL)にすれば良いのですが、

「最近はDVDドライブのないPCも多い」→「USBメモリにした方が便利なのでは?」

と思い、少しコストが上がってもいいやとUSBメモリを選択しました。

 

自分が使っているのは東芝製の16Gです。なぜこれにしたかというと

①安い

東芝製なら安心(個人的に)

そして一番大きな理由が

③パッケージが再利用できた!!

の3点です。③は大きいです。新たにラッピングする袋やケースを用意しなくていいのですから。

 

自分の場合の製作過程を記載しますので、参考にして頂けたら幸いです。

 

f:id:WAT:20190915195704j:plain

これがその16GのUSBメモリ。メーカーは東芝で国内生産ですが、海外向けのパッケージです。

東芝 U202」で検索すると、価格コムとかが引っかかると思います。自分の頒布してる同人誌の原価を書くようなものなので細かい価格は書きませんが、ぶっちゃけ500円以下です。

 

f:id:WAT:20190915195731j:plain

ハサミで切る点線があるので、そこは普通にハサミで切ります。

 

f:id:WAT:20190915195753j:plain

普通はここからはビリビリっと手で破いて開封するのですが、写真のようにどっちか片方の隙間にカッターを入れて切ります。

 

f:id:WAT:20190915195823j:plain

パッケージが綺麗な状態で中のUSBメモリが取り出せました。

USBメモリFAT32でフォーマットされています。このフォーマットならWindowsでもMacでも読み書き出来るので、フォーマットせずにそのまま使いましょう。

価格が安いだけあって、USB3.0ではなく2.0です。自分の場合は6Gのデータなのですが、転送時間は約27分でした(もちろんPCのスペックやファイル数、ファイルごとのサイズによって大きく変わってくると思います)

 

f:id:WAT:20190915200237j:plain

データを入れ終わったら元のパッケージに戻します。写真のようにラベルを貼っても良いし、USBメモリにテプラを貼っても良いかと。最後はカッターで切った側にセロテープで封をして完了です。

最後に注意点をひとつ。絶対にデータを入れ忘れないこと。 そんなの当たり前だと思うかもしれませんが、裏面を見ればデータが入っているか分かるDVD-Rとは違い、USBメモリは目視でデータが確認できません。

作業に慣れてくると、

開ける→シールとかで装飾する→データを入れずに元どおりにして完成

というミスをしてしまいそうになります。

なにか自分で作業ルーチンを作って、そのようなミスを防止するようにしましょう。

 

なにか不明点がある方がいらっしゃいましたら、コメントにどうぞ。分かる範囲で返信いたします。

 

最後に。

自分がこうやって作ってる、セガパンフ考察本「セガパンフコレクション」に少しでも興味がありましたら、下記の記事をご覧ください。定期的に即売会に参加しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

wat.hatenablog.jp

ゲームレジェンド31の参加について&会場への行き方

ゲームレジェンド31に参加いたします(サークルリストが公開されました!)

夏のコミケと同じラインナップで頒布する予定ですのでよろしくお願いいたします。

 

↓頒布内容はこちらをご覧ください 

 

ゲームレジェンド31の開催概要です。 

 

2019年9月22日(日)11:00~15:30
東京流通センター(TRC)第1展示場Aホール
(東京都大田区平和島6-1-1) 

今回は会場が川口ではありません。ご注意ください。

東京モノレールで行くのが一番無難な行き方ですが、1時間に1本程度ですがJR大森駅東口からバスが出ていますので横浜方面からの方はそちらも便利です。

f:id:WAT:20190911165735p:plain

9番乗り場から森28平和島循環」というバスに乗ると「流通センター前」まで行きます。

一般の方は入れないトラック倉庫街の中を走る珍しい路線なので、そういう意味でも?オススメです。

もう一度書きますが、休日は1時間に1本程度です。

大森駅発→流通センター前着は

8:15発 → 8:29着

9:00発 → 9:14着

10:00発 →  10:14着

11:00発 →  11:14着

です。

 

ちなみにタクシーだと1,000円くらいです。2〜3人で乗ると、モノレールよりお得ですね。 

 

ゲームレジェンド公式サイト

http://gamelegend.turukusa.com

モバイルバッテリーレンタル「ChargeSPOT」を試す

「外出先でスマホのバッテリーが切れそう」という時に便利な、モバイルバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」を試してみました。

 


ChargeSPOT「サービス動画」 30秒

 

アプリを入れて、クレジットカードを登録。あとは近くのChargeSPOT端末を検索すればOKです。端末に表示されているQRコードスマホで読み取ると、モバイルバッテリーが取り出せます。

f:id:WAT:20190830191201j:plain

検索画面はこんな感じ。青色のアイコンが利用可能、灰色のアイコンは利用不可(貸し出せる端末が無いなど)を意味します。

返す時は特にスマホでの操作は必要なく、ChargeSPOT端末に挿すだけで返却完了です。レンタカーの乗り捨てと同様、好きなところに返すことが出来ますが、充電スロットが埋まっている端末には返すことが出来ません(スロットの空き状況もアプリで検索可能)

f:id:WAT:20190830140122j:plain

端末にバッテリーを戻すと、アプリにこういう通知が届いてレンタル終了となります。

 

f:id:WAT:20190830132318j:plain

モバイルバッテリー本体

容量は4500mAhで出力は2A

 

f:id:WAT:20190830132336j:plain

3種類のケーブルが本体に直結しています

MicroUSB、Lightningケーブル、USB-Cケーブルが直結されており、特殊な機種でなければまず問題無し。このケーブルが付いているというのは地味に重要です。

「モバイルバッテリーはあるのにケーブル忘れた!!」

という経験はありませんか?そういう時にChargeSPOTを使えば、もうコンビニで高いケーブルを買わなくてもいいのです!ちなみに空きのUSBコネクタは無いので、手持ちのUSBケーブルを挿したりすることは出来ません。

 

f:id:WAT:20190830133116j:plain

充電している様子。ケーブルが短く少し使いにくいですが、耐久性を重視した結果でしょう。

 

肝心の利用料金(税別)ですが

1時間150円

48時間300円

と割安。ただし48時間以内に返却しないと買取扱いになり、2,280円の料金が発生して返却不能になるのでその点だけ注意です。

f:id:WAT:20190830132343j:plain

一応側面にはMicroUSB端子(メス)があります。買取になった場合はここから充電して使用できるのでしょうか?(未確認です)

 

個人的にメリットを感じたのは、前述しましたがモバイルバッテリーだけでなくケーブルを忘れた時に便利だということ。個人的にコンビニで高いケーブルを買った経験があるので余計そう思います、、、。

借りるのも返すのも利用者が端末を操作するだけで良く、店員さんを介在しないのも良く考えられた仕組みだと思います。この手のサービスを使う時に店員さんが内容を理解しておらず、手続きに時間がかかるというのは良くある話ですし、設置する店舗としても手間がかからないのは重要な要素です。

デメリットとしては、端末がお店の前にあるところは良いのですが、お店の中に端末があるところも多く、「ChargeSPOTだけ使わせてください」というのは少し気まずいという点でしょうか?

どちらにしてもいざという時のサービス。月額もかかりませんし、スマホに入れておけばいつか役に立つかもしれませんよ。

 

ChargeSPOT公式サイト

https://www.chargespot.jp

次回からクレジットカード決済に対応します

コミケの時にスマホでクレジットカード決済が出来るサービス「square」のチラシが配られていたので、「お、個人サークルレベルでも申し込んでいいのかな?」と思い、ダメ元で申し込んでみました。前から興味はあったのと、リーダーが無料だというので。

 

結果、8月10日に申し込んで、今日14日にはカードリーダーが届き使えるようになりました。レスポンス早すぎです。

f:id:WAT:20190814113043j:plain

Bluetoothで繋がるカードリーダー。写真には写っていませんが、旧タイプのイヤホンジャックに挿すタイプのリーダーも付属していました(ICチップが搭載されていないクレジットカードに対応するため)

 

ということで次回からは、PayPayだけでなくクレジットカード(VISA/MasterCard/AmericanExpress/JCB/DinersClub/Discover)でもお支払いいただけるようになりました。PayPay使われる方も1イベントに1人いるかいないかなのでどれだけ需要があるか分かりませんが、新しモノ好きなのでつい、、、。 

 

squareup.com