WATの日記

ソニー、BD/DVDレコーダのダビング10対応機種を発表(AV Watch)

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080129/sony1.htm
SONY スゴ録 地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載HDD&DVDレコーダー400GB RDZ-D800
お!うちのRDZ-D800も対応予定だ!!
と一瞬喜んだものの、買ってわずか1年ちょいのDVDレコーダーが危うく切り捨てられるところだったのか*1・・・と考えると素直に喜べない・・・。
ちなみに「ダビング10」とはハイビジョン放送録画に関する制限緩和。現行は「コピーワンス」という規格で、HDDに録画した番組をDVDにする場合、HDDのデータが消えてしまう(移動させるという考え方)
アナログ放送から大幅に不便になったこの規格には批判も多く、ハイビジョンレコーダーの売り上げ低迷の一因とも言われている。
そこで規制緩和となったのが「ダビング10」。9回まではHDDのデータを残したままDVDなどにコピーでき、10回目のコピーでHDDからデータが消える。ベストな策では無いのかもしれないけど、比較的ベターと言える策だと思う。
   
海賊版対策に著作権保護は必要だと思う。ただ、iTunes登場以前の音楽配信といいコピーワンスといい、「利用者はみんな著作権違反をするに違いない」というスタンスでは市場は間違いなく縮小する。ちょっと中身を見ただけで「立ち読みお断り!!」と怒鳴るようなピリピリとした雰囲気の本屋にお客は来るだろうか?パッケージ販売とネット配信の差がほぼ無くなった今、ぜひ意識改革を願いたい。

*1:半年前に出たモデルはアップデータ非対応